看護師ニュース

病院で働く看護師が余る時代が来るって本当?2025年に向けた対策とは

超高齢化社会を迎えるとされる2025年に向けて、在宅医療や地域に密着した医療を促進している日本看護協会。今後は徐々に病棟の数が減り、病院で働く看護師が余る可能性も。将来に備えるため、今後の看護師のキャリアについて考えます。

ニュース・画像

増え続ける高齢者と共に医療の需要も拡大しており、看護師の人手不足は大きな社会問題となっています。

現状から考えると看護師という仕事は安泰で、仕事に困ることはないと思われていますが、実は将来看護師が「余る」時代がやってくるという予測も。

今回の看護師転職ネットのニュースは、将来看護師が余る理由と、先を見越した働き方について解説していきます

将来看護師が余る理由とは?

2025年の日本は3人に1人が65歳以上になる超高齢化社会が到来すると言われています。医療や介護のニーズは現在も着実に増え続けており、現状のままでは2025年に医療制度が破たんしてしまう恐れも。また、目の前の状況を見ると看護師不足は深刻化で、労働環境の改善も待ったなしの状況です。

このような未来を招かないために、国は医療制度改革に取り組んでおり、2014年には診療報酬改定が行われ、医療のあり方に変化の兆しが見えています。
特に大きな変化だったのは、7対1病床(入院患者7人に対し看護師を1人を配置)を減らす方針が打ち出された結果、10対1病床(入院患者10人に対し看護師1人を配置)に切り替える病院が増加。2016年6月時点では、改定が行われた2014年と比べて79病院・10,846床減少しており、今後もこの流れは続くと見られています(※1)。これにより、病棟に配置される看護師の数は減っていくはずです。

さらに、在宅医療への取り組みや、自宅復帰を推進している施設が以前より評価されるようにもなっている点も大きな変化であり、地域と密着した医療を施す病院が、今後さらに評価されるようになるでしょう。

また、看護師不足に伴い看護学科が増設されている点も、将来的に看護師が余るとされる要因の一つとされています。

※1 7対1入院基本料2年間で79病院10,846床減少 地域包括ケアの届出は継続して増加

2025年を見据えた働き方とは

地域包括ケア病棟

2014年の診療報酬改定により、主に自宅復帰を促す役割を担う「地域包括ケア病棟」が新設されました。2015年10月から2016年6月までの半年間で、地域包括ケア病棟を併設した病院は206病院増えています(※1)。2016年度の診療報酬改定により、入院患者の早期退院が促されたことも、これらの病院の増加に繋がっているのではないかと予想されます。
地域包括ケア病棟を併設している病院は、今後も様々な医療の改革に素早く取り組んでいく可能性があるため、チェックしておくと良いでしょう。

認定看護師や専門看護師

さらに看護師としてのスキルアップを図るため、認定看護師や専門看護師の資格取得を目指すというのも選択肢の一つです。今後、看護師の数が飽和した際、より能力のある看護師が必要とされることは間違いありません。
また、看護師としてのスキルだけでなく、収入も上がる可能性があるため、チャレンジする価値は十分にあります

こちらの記事もおすすめ!
認定看護師と転職

訪問看護師

現在、特に人手不足とされているのが訪問看護の分野です。国が在宅医療を推奨していることから、近年、訪問看護の需要が急速に高まっています。良好な需要に対する訪問看護師の不足はより深刻化しており、現状を打破するために訪問看護師の給料や待遇が改善されています。
また、訪問看護師が勤務するのは主に日中であるため、夜勤が苦手という方も検討してみるのも良いかもしれません

Recommendおすすめの転職サイト

ナースフル

ナースフル・画像

リクルートグループが運営する看護師転職サイト。他の看護師転職サイトでは取り扱いが少ない求人が多い。「療養病棟」や「訪問看護」を選択して求人を探すことが可能。

看護roo!

看護roo!・画像

東証一部に上場する転職仲介大手「クイック」が運営する看護師転職サイト。施設形態や担当業務で「訪問看護」を選べるほか、認定看護師を支援している施設も取り扱っている。

2025年なんてまだまだ先の未来と思うかもしれませんが、一旦立ち止まって考えてみるとあと8年しかありません。国が地域と密着した医療を推進していることから、今後同分野が必要とされ、優遇されることは間違いない事実でしょう。

実際に看護師が余る未来が訪れるかどうかはわかりませんが、将来を見据えてキャリアを築いていくことは、決して悪いことではありません。この機会にもう一度看護師手しての働き方を考えてみてはいかがでしょう。

参考
看護師が「余る」時代が来るってホント?その理由と対策病院で必要な看護師が減る?~診療報酬改定がもたらす影響~2025年に向けて看護はどうあるべきか? ~日看協のビジョンから考える~

関連コンテンツ

ナースフル
ナースフルの口コミ・評判
「ナースフル」の評判は?利用者の口コミやサービス内容もチェック!
看護師の企業への転職
看護師の求人を行う企業とは?求められる能力や仕事内容について

ナースフル・バナー

口コミ大募集中

SNS

PAGE TOP