用語集

特養

特養とは特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)の略称。寝たきり状態や認知症を患っている65歳以上の要介護者を受け入れている。入居者はいずれも家庭での介護が難しい重度の介護を要する高齢者で、特養は要介護者が適切なサポートを受けつつ、余生を過ごすための専用施設である。特養は社会福祉法人や地方自治体などが運営する公的な施設であり、介護保険制度の適用を受けることで、少ない費用負担で長期入所できる。
提供サービスは身体介護や生活支援に加え、レクリエーションなども実施しており、生活の場としての役割を果たしている。また介護・看護サービスは24時間体制で利用可能。

特養での看護師の役割

特養に勤務する看護師は、バイタルチェックや服薬管理、口腔ケアなど、入居者の健康管理が主な役割となる。特養では介護保険の範囲内でのサービス提供が義務付けられているため、医療行為はほぼ行われていないが、入居者の体調急変時には、医療的な判断を求められる場合もある。嘱託医への連絡や報告も重要な役割の一つであり、自らの判断で対応することが難しい場合は、提携先の医師に判断を仰ぎ、適切な処置をする必要がある(※特養では医師の配置は必須ではない)。
入居者の体調の異常を早期発見し、素早く対応するためにも、看護師は特養内でなくてはならない存在となっている。

特養への転職

特養では、病院よりもゆったりとした雰囲気の中、入居者一人一人に向き合ったターミナルケアを施せる点が最大の魅力。また、基本的に看護師が勤務するのは日勤のみとなっているケースが多いため、家庭との両立を望む人にもおすすめ。ただし、オンコール体制を取っている施設が多く、勤務形態は事前確認が必要になる。

特養は医師の配置を義務付けられていないため、常日頃から医療的な判断や観察を求められる。そのため、ある程度看護師としての経験を積んでいる方が望ましい。また、医療行為をほとんど行わないことから、スキルアップが難しいという点は注意しておきたい。

特養と一言で言っても、施設によって仕事内容が異なることから、事前に看護師の職務範囲を確認しておくことも重要。看護だけでなく、介護分野での仕事に興味がある場合は、看護師と利用者の距離が近い施設を探すといいだろう。

おすすめの転職サイト ナースフル…介護業界での看護師の働き方を広く紹介、無料で転職をサポートしてくれる

関連する用語
サ高住(サ付き)

関連コンテンツ

ナースフル
ナースフルの口コミ・評判
「ナースフル」の評判は?利用者の口コミやサービス内容もチェック!
Q2
Q2. 特養から病棟への転職について
新卒で特養勤務、スキルアップができない

ナースフル・バナー

口コミ大募集中

SNS

PAGE TOP